膝の痛みの原因とは?

膝の痛みにはかなりたくさんの原因があります。

 

中高年者だけに関わらず子どもにも起こる可能性がありますし、運動していてもしていなくても、痛みに襲われる可能性は誰にでもあります。

 

膝には全体重が集中的にかかりますし、身体を支えてバランスを取る大事な関節ですから、それだけ知らず知らずのうちに酷使しがちな部位でもあるのです。

 

原因をかなりおおまかに分けると以下のような内容になります。

 

  • スポーツによるケガや事故
  • 日常的な膝への負荷、加齢
  • 先天性の病気や機能の異常

 

これ以外にもたくさんの要因があるのですが、細かく分類すると本当にたくさんの症例があるのが膝の痛みなのです。

 

スポーツなどで多いのは、骨や靭帯に関わるものです。
半月板を傷めるなどの外傷に近いものや、酷使し過ぎによる腱の炎症などが主な内容です。
ほとんど場合、本人にも自覚がありますし、原因はハッキリしていますね。

 

普通に日常生活を送っていたのに、いつの間にか膝を酷使し過ぎていたというケースもあります。特に30歳を過ぎると骨も軟骨も腱も弱ってきて、骨がぶつかると軟骨が摩擦ですり減り始める年齢でもあります。

 

知らない間に関節は変形していたり、内部で炎症を起こしていたりすることも多く、ほとんどはこうした原因で痛みが出て来ます。おそらく一般的にはこの原因が膝の痛みでは一番多いでしょう。

 

ウィルスによる疾患や先天性の原因のものは、子どもの成長過程でも発症する場合があり、はっきりとした原因も不明の場合があります。軟骨腫やリウマチなどが典型例で、思い疾患の場合もあるので、早い段階から専門治療を受ける必要があります。